割烹 田中家

割烹 田中家
割烹 田中家

安藤広重による『東海道五十三次』の神奈川・台之景の中にも描かれている1軒、「さくらや」を買い取り1863(文久3)年に創業したのがここ「割烹田中家」。神奈川宿最盛期には1,300軒の家屋があったそうだが、中でも唯一現存する横浜最古の料亭だ。米国総領事ハリス、伊藤博文、西郷隆盛、高杉晋作らが倒幕の計画を練ったとも言われ、漱石など文化人も多く訪れている。また、かつては坂本龍馬の妻・おりょうが勝海舟の紹介で仲居として働いていた店としても有名だ。

割烹 田中家
割烹 田中家

そんな歴史ある華やいだ雰囲気でいただけるのは、贅を凝らし洗練された料理。仕事の接待はもちろん、家族や友人などとのお祝い事や記念日、法事、さらには結婚式まで、どんなシーンでもピッタリとはまる。店の佇まい、しつらえ、風情、料理、おもてなし、「田中家」はどれをとっても特別な時間を過ごすに申し分ない店だ。

割烹 田中家
所在地:神奈川県横浜市神奈川区台町11-1 
電話番号:045-311-2621
営業時間:昼席 11:30~14:00、夜席 17:00~22:30
https://www.tanakaya1863.co.jp/





PAGE
TOP