大倉陶園

1919 (大正8)年5月15日、大倉孫兵衛・和親子によって創立された、日本を代表する洋食器メーカー「大倉陶園」。高品質の西洋陶磁器を製造したいという想いを基に、大田区蒲田に作られた工場が、戦時中の空襲により現在の本社所在地・戸塚へ移転したのは、1960(昭和35)年。トンネル窯を築き、当時の最新設備を設け、移転後も創立当時に目指した「良きが上にも良きものを」という創業者の理念を守り続け、今年20 .....




PAGE
TOP