旧東海道(戸塚付近)

江戸時代においては関東と関西を結ぶ重要道路だった「旧東海道」。道沿いにはところどころに「宿」が置かれ、宿の周囲は「宿場町」として賑わいを見せた。現在ある市町村には、宿場町から発展したところも多い。戸塚付近も、かつては「戸塚宿」があった街。起点の日本橋から数えて5番目の宿で、その日の宿泊地に適した距離であったことから、大いに賑わっていた。現在も、宿のあった区中心地を通る約12kmの旧東海道沿いには、 .....


PAGE
TOP