医薬神社

医薬神社
医薬神社

国内ではその呼称が珍しいと言われている、「医薬神社」。

もとは旧大山道に沿った寺の境内に祀られた祠(ほこら)を、明治時代に水戸から来た僧侶が神主になり、寺を廃して神社としたのが始まりと言われている。前の寺名が安土桃山時代創建の医王山薬師院東光寺だったことに因み、医薬神社と呼称したという。

1968(昭和43)年に3間余四方に造営したのち、土地区画整理事業を機に社殿を180度転回して今の西向きにしたという。周辺が開発で豊かになるに伴い、鳥居や狛犬、石灯籠、手水舎が寄付されて今日のような境内に整備されたそうで、青葉区の歴史の一端を見るような史跡として親しまれている。

医薬神社
所在地:神奈川県横浜市青葉区柿の木台28-2 





PAGE
TOP