ふるさと村テニスクラブ

青葉台の駅前から北へ、世田谷通りの「柿生」駅付近へと至る通称「環状4号線」。交通量の多いこの通りを、青葉台と柿生のちょうど中間辺りで左手に入ると、なだらかな丘陵の麓にのどかな田園風景が広がる「寺家」と呼ばれる地区がある。

ここはちょうど東京都と神奈川県の境にあたる場所でもあり、開発の波を免れたことから昔の風景がよく残されてきたが、貴重なこの原風景を遺すために、1980年代以降、住民と横浜市が一体となって保存活動に取り組み、「寺家ふるさと村」として整備してきた。これにともなって、地区の周囲には散策路や「四季の家」というセンター施設なども整備されたが、同時期に、レクリエーション施設として「ふるさと村テニスクラブ」も設置された。このテニスクラブが2013(平成25)年12月、新しくリニュアールした。

ふるさと村テニスクラブ
ふるさと村テニスクラブ

テニスの練習に励む男の子
テニスの練習に励む男の子

テニスクラブがあるのは、「ふるさと村」のエリアの東の端。広い駐車場も備えており、車を持っている人であれば難なく訪れやすい立地だ。周囲は見渡す限りが田んぼと畑と果樹園。周囲では時期になると「浜梨」「浜ぶどう」「浜柿」などののぼりを掲げ、直売所が出る。クラブハウスの入り口にも農産物が並んでしまうような、何とものどかな場所である。

田んぼや畑が広がる自然豊かなエリア
田んぼや畑が広がる自然豊かなエリア

コートは車道を挟んで2つのエリアに分かれており、クラブハウスから道を渡った側(東側)はスクール用のコート、センターに隣り合ったメインのコートは会員用のコートになっている。スクールのコートにはナイター設備が無いので、夕方以降のジュニア向けスクールの時間には利用が入れ替わる。基本的には朝から日没までの営業だ。

ジュニアクラスのイベント
ジュニアクラスのイベント

今回、撮影に訪れたのは午後の3時頃。この時間帯にはシニア層の会員の利用が多いということで、駐車場はほぼ満杯で、多くの人がゲームに興じていた。年齢を感じさせないキビキビとした動きと、ハツラツとした笑顔が印象的だった。ほどよく身体を動かし、声を掛け合えるテニスの楽しさを一番満喫しているのは、この年代の方々なのかもしれない。

ラケットを構える女性
ラケットを構える女性

サーブをする男性
サーブをする男性

一般クラス同様、ジュニアクラスもある。レッスン内容としては、一般クラスは毎週テーマがあるが、キッズ・ジュニアクラスは日本テニス協会も推奨している「プレイ&ステイ」(身長や体格に合った用具を使ったレッスン)を導入している。ジュニアクラスは中学生までだが、基本的に日没までの営業ということもあり(簡易照明のため)中学生以上は少ない。逆を言えば、小学生からの加入が多いテニスクラブに比べて、幼稚園の年中から入会することができるのもめずらしいことかもしれない。

テニスをする女性
テニスをする女性

スクール生のみを対象とした大会(試合)のようなイベントを春休みや夏休みなに実施し、小学生はテニスのルールやマナーを知る機会にもなっているという。

受付の女性
受付の女性

会員はフルタイムで利用できる「正会員」のほか、年会費が割安になる「平日会員」、「平日午前会員」も設定されている。現在、人気の高い平日会員はキャンセル待ちの状態だそうだが、その他の枠や、最近新たに設けられた「青年会員」(35歳未満)の枠には余裕があるとのこと。気になる人は一度見学に行ってみてはいかがだろう。

会員は基本的に経験者が対象で、会員同士で自由に楽しむというスタイルになるが、これとは別枠で「スクール」も開講している。こちらは半期4回で約1万円、1期8回で約2万円というリーズナブルな値段で、初期にかかる費用も少ない。年代や習熟度に応じて色々な講座が開かれているもので、キッズ、ジュニア、ベテラン、初心者など、どんな人にもあてはまるだろう。

もちろん講師はこの道のプロのコーチ陣で、中には全日本大会で優勝した女性コーチも、現役で在籍しているのだとか。そんなベテランコーチ達が、まったくラケットを握ったことの無い初心者に対しても、持ち方、構え方から正しく指導してくれるというのだから心強い。また、最大でも6~10名という少人数制のスクールなので、しっかりと技量にあった指導を受けられ、親睦も深まりやすい。特に何月のスタートという仕組みではなく、希望者は基本的に一度無料体験(子どものみ有料)に来てもらい、その様子を見て所属するクラスを決めるそうなので、まずはフロントに問い合わせてみてほしい。

ふるさと村テニスクラブ
ふるさと村テニスクラブ

また、このスクールならではの魅力のひとつは「大人のスクール生のお子さんは、小学3年生まで無料で受講できる」という凄い特典があること。時間帯は大人と子どもで分かれているので、別に子どもだけを送迎する必要も出てくるが、「将来は親子でテニスを楽しみたい」と思っている人は、これを見逃す手は無い。また、スクールのコートを使っていない時間帯は、レンタルコートとしての提供も行っている。「ちょっとだけ使いたい」といった時にはこれも活用できそうだ。

ボールを捕える女性
ボールを捕える女性

横浜市には何十、何百というテニスクラブがあるはずだが、恐らく、こんなにも田んぼに囲まれ、自然豊かな環境にあるクラブはほかに無いだろう。「特に素晴らしい施設というものは備えていないですが、この田園風景の中で楽しめるというのが、このクラブの一番の良さだと思います」と話してくれたのは、クラブの支配人である世永佳子さん。確かにその言葉どおり、同じテニスというスポーツでも、ビルに囲まれた場所でするのと、広い空を眺めながら、緑の匂いが乗った風を感じてするのでは、だいぶ気分が違うだろう。

特に便利な施設は無い、場所も駅から離れている。でも、テニスをして一番楽しいと感じられるコート。それがここ、「ふるさと村テニスクラブ」なのだろう。この日ここを利用していた人々も、恐らく多くは都会に育ってきた人のはずだが、なぜか田舎でくつろぐようにのんびり、気楽に過ごしているように見えた。すれ違うたびに誰とでも挨拶を交わし、声を掛け合い、笑い合う姿も印象的だった。聞けば交流イベントもかなり頻繁に行われていて、会員同士の仲は年代を問わずとても良いのだとか。こんな素敵な場所でテニスが楽しめるのは、この界隈に住む人だけの特権なのだろう。

休憩時間
休憩時間

ふるさと村テニスクラブ
所在地:神奈川県横浜市青葉区寺家町155(ふるさと村内) 
電話番号:045-960-0210
営業時間:8:15~18:15
定休日:月曜日
http://www.e-winfield.com/





PAGE
TOP