風来蕎

無農薬、有機栽培による国産のそばのみを使用し、石臼で丁寧に自家製粉した風味豊かなそばを提供し続けている「風來蕎(ふうらいきょう)」。

住宅街に佇む風来蕎
住宅街に佇む風来蕎

落ち着いた雰囲気が外観からも感じられる。
落ち着いた雰囲気が外観からも感じられる。

横浜市青葉区の閑静な住宅地にお店を構え、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで家族みんなで食事を楽しめる地域に根ざした名店のひとつ。

趣ある看板
趣ある看板

最寄りとなる東急田園都市線「たまプラーザ」駅南口より徒歩3分。2015(平成27)年に美しが丘から移転、リニューアルオープンした現在のお店は、カウンター8席を含む全38席のひろびろとした空間で、アンティークのガラス戸や囲炉裏など店主の遊び心も垣間見える上質な雰囲気に包まれている。

大きな窓から自然光がたっぷりと差し込む
大きな窓から自然光がたっぷりと差し込む

ガラス戸には切り絵の仕掛けも施されている
ガラス戸には切り絵の仕掛けも施されている

子育てをきっかけに見知らぬ土地でお店を開いたのは2006(平成18)年のこと。「若い夫婦ふたりではじめたお蕎麦屋さんを応援しようと、地域の皆様には公私ともにお世話になりました」と語るのは、ふたりのお嬢さんのパパでもある笑顔の素敵な吉田さん。

「風來蕎」という店名は、自然を愛し、旅をしながら自由に句を詠んだ故郷山口県の俳人・種田山頭火にちなんだもののようで、風味豊かな手打ちのそばはもちろん旬の食材をふんだんに用いた季節のコース料理(完全予約制)もぜひ味わっていただきたい。

鴨南蛮
鴨南蛮

鴨南蛮
鴨南蛮

平日の夜限定で提供する店主おまかせの「プレミアム」(7,500円/人、2名様より前日までの要予約)は、家族の記念日や誕生日など大切な人と過ごすとっておきの食事にもおすすめで、地域に愛され親しまれて来たその味をぜひ一度味わってみたい。

店内イメージ
店内イメージ

店主と対面して料理を楽しめるカウンター席
店主と対面して料理を楽しめるカウンター席

2010(平成22)年にミシュランの星を獲得して以来、5年連続の一ッ星となる偉業を成し遂げた町のお蕎麦屋さんには、地元はもとより遠方からも多くのファンが訪れるようで、来店の際には事前に問い合わせしてみよう。

※2016(平成28)年2月実施の取材にもとづいた内容です。 記載している情報については、今後変わる場合がございます。

風来蕎
所在地:神奈川県横浜市青葉区新石川3-13-26 
電話番号:045-507-7803
営業時間:11:30~14:30(L.O.)、18:00~20:30(L.O.) ※火曜日は昼のみ営業
定休日:水曜日、第3木曜日、正月
http://www.soba-furaikyo.com





PAGE
TOP