二ヶ領用水(鹿島田三丁目付近)

二ヶ領用水(鹿島田三丁目付近)
二ヶ領用水(鹿島田三丁目付近)

「二ヶ領用水」は、川崎市内を流れる、神奈川県内最古の人工用水路。江戸時代初めに建設されたもので、農業用水として多摩川の水を引き、周辺の農地を潤してきた。全長約32キロメートル。現在、幸区内を流れる二ヶ領用水のほとんどは暗渠化されているが、JR南武線「平間」駅の南側にあたる鹿島田三丁目付近では、府中街道と並行して約1キロメートルの水路が、今も健在。美しい石組みのせせらぎは、緑と水の爽やかな景色を住宅街に提供している。

二ヶ領用水(鹿島田三丁目付近)
所在地:神奈川県川崎市幸区鹿島田3-2 ほか 
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/000..



PAGE
TOP