Cafe Denim(カフェ デニム)

2002(平成14)年にオープンした「Cafe Denim(カフェ デニム)」。店名の由来は、“Denim”を逆からローマ字読みした最初の4文字“mine”がオーナーの名字だ。物事を反対側から捉えることで新しい発見につながり、それによってお店の魅力も高めることができるという考えがそこにある。また、月日とともに味わいを増していくデニム生地のようでありたいという願いも込められているそうだ。

店舗外観
店舗外観

「デニム生地のようでありたい」という思いの込められた店名
「デニム生地のようでありたい」という思いの込められた店名

店内にはさりげない小物が良いアクセントとなっている。流れる音楽はボサノヴァやジャズ。抑えられた照明の明かりが心地よさを演出している。店内にはテーブル席のほかにカウンター席もあり、それぞれに合った使い方ができるようになっている。

店内にはボサノヴァやジャズが流れる
店内にはボサノヴァやジャズが流れる

店内の家具も優しい雰囲気を出す
店内の家具も優しい雰囲気を出す

居心地のよい空間
居心地のよい空間

居心地の良さはもちろんのこと、同店はモーニング、ランチタイム、ティータイム、夜カフェなどいつ来てもその時々の最適な時間を過ごすことができる。ちなみにモーニングは9:00~11:30(平日限定)で、プレーントースト、目玉焼きとトースト、チーズトースト、シナモントーストのほかに、ハムレタスサンド、メイプルバニラトーストなどの各セットもあり、目玉焼き、ミニサラダ、ベーコン、ハムは100円で追加できる。

ランチセット
ランチセット

ミニサラダ
ミニサラダ

ランチメニューは日によって異なるが、キーマカレー、タコライスは定番のメニューだ。それぞれにスープ、サラダ、コーヒーか紅茶がセットとなっている。一杯ずつ丁寧にドリップされた「川崎ブレンド」は「Cafe Denim」自慢の特製ブレンドだ。他にもシフォンケーキやチーズケーキなど、手づくりならではの優しいケーキもおすすめ。幅広い年代層が訪ねてくる「Cafe Denim」。その人それぞれの過ごし方ができるこの空間は、街になくてはならない存在となっている。焙煎珈琲と菓子を販売している姉妹店「Denim bis」と併せて、ぜひ覚えておきたい。

自慢の特製「川崎ブレンド」
自慢の特製「川崎ブレンド」

幅広い年代層が訪ねてくる
幅広い年代層が訪ねてくる

Cafe Denim(カフェ デニム)
所在地:神奈川県川崎市幸区都町6 フォレストアーリア101
電話番号:044-541-5805
営業時間:9:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜日
https://www.denimbis.com/





PAGE
TOP