ニヶ領用水

ニヶ領用水
ニヶ領用水

川崎市内のほぼ全域を縦断するように流れる「ニヶ領用水」は、江戸時代初期に江戸幕府の代官であった小泉次大夫によって長い年月をかけてつくられた河川。別名を次大夫堀ともいう。多摩川から水を引き込んでつくられたものなので、終点は当然多摩川ということになる。

ニヶ領用水
ニヶ領用水

ニヶ領用水は神奈川県下で最も古い人工用水のひとつで、かつては農業用水として活躍し、現在の川崎の発展に大きく貢献したという。現在では急速な都市化により以前の面影はほとんどないが、河川敷は緑が豊かで、流れも美しく、川沿いの桜並木などは市民の憩いの場として人気が高い。ウォーキングガイドなどに登場することも多く、日頃から散歩する人の姿が多いのが特徴だ。

ニヶ領用水
所在地:神奈川県川崎市中原区 



PAGE
TOP