日本医科大学武蔵小杉病院

日本最古の私立医科大学、日本医科大学が1937(昭和12)年に開設した「日本医科大学武蔵小杉病院」。ほぼ全科の診療科目を備えた総合病院として、川崎市中原区における地域中核病院の役割を担っている。 また、救命救急センター、集中治療室、新生児重症治療室、周産期小児医療センター、小児急病センター、認知症センター、てんかん診療拠点機関なども有し、大学病院にふさわしい高度な医療提供。いざというとき頼りになり .....


PAGE
TOP