愛宕山公園

愛宕山公園
愛宕山公園

1891年(明治24)年、浦賀湾を臨む愛宕山に作られた神奈川県内最も古い自然公園「愛宕山公園」。設立当初は「浦賀園」と呼ばれており、サクラの名所としても名高い。山に作られた公園であるため階段を登っていくことになるが、山頂から見下ろす浦賀湾の風景は絶景である。

愛宕山公園
愛宕山公園

階段を登っていくと、勝海舟が乗りこんだ船として名高い「咸臨丸出港記念碑」が見えてくる。1960(昭和35)年に、日米修通商条約100周年を記念して建立された。咸臨丸は、1860(万延元)年に浦賀を出港し、日米修通商条約の遣米使節に随行する形で渡米した。この船には勝海舟のほか、福沢諭吉なども乗りこんでいた。毎年5月には「咸臨丸まつり」が開催される。

愛宕山公園
愛宕山公園

その他、日本初の洋式船「鳳凰丸」を建造した浦賀奉行所与力の「中島三郎助招魂碑」、与謝野晶子、与謝野鉄幹夫妻が浦賀を訪れたときに詠んだ歌碑などもある。

愛宕山公園
所在地:神奈川県横須賀市西浦賀1-23 
電話番号:046-822-8333(横須賀市環境政策部緑地管理課)
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/413..





PAGE
TOP