中国料理 華林

中国料理 華林
中国料理 華林

日本における中華料理のメッカと言えば、まず思いつくのが、誰もが知っている「横浜中華街」であろう。その中華街の某有名店で長年コックとして務めていた王氏が、横浜からもほど近いここ追浜に、自身の店を作ったのが2007年のこと。以来、中華街伝統の味わいを届ける「街の本格派中華屋さん」として、「華林」は追浜の人々に親しまれている。

店があるのは追浜駅まからまっすぐに伸びるメインストリート「銀座通り」の左側。街並みが途切れるあたりに、ひときわ目立つ看板を掲げて建っている。店内に入ると、中国人コックさんの少しなまった「いらっしゃいませー」の声に迎えられ、「ああ、中華レストランに来たんだな」と実感する。

中国料理 華林
中国料理 華林

きらびやかな店内の装飾、写真をふんだんに使った派手なメニュー表などは、いかにも中華街の店という風情。メニュー表は手書きのランチメニュー、お薦めの一品メニューが写真付きで紹介された見開きのメニュー、120種類以上という、種類豊富なメニューがすべて掲載されたブック状の「菜譜」などに分かれており、言葉が通じにくいスタッフともスムーズにコミュニケーションができる。こんな細かな点も嬉しいところだ。

1 2 3 




PAGE
TOP