横須賀海軍カレー本舗

横須賀海軍カレー本舗
横須賀海軍カレー本舗

京急横須賀中央駅から歩いてすぐの場所に、YYポートという横須賀土産を扱う物産館がある。 ここには三浦半島の自然の恵みと、カレー関連の商品が所狭しと並んでいる。お土産を見ていると懐かしいスパイスの薫りがどこからか漂ってきた。店内奥に階段があり、聞けば2Fでは横須賀が発祥の地といわれる元祖日本のカレーを食べさせるレストランがあるのだという。

今や国民食といっても過言ではないカレー。それぞれの家庭ごとに、入れる具材も味付けも違うその家だけのカレーがあるというが、そのルーツは日本海軍の軍隊食なのだとか。軍港を抱える横須賀を発祥の地だというのも頷ける。そして「横須賀海軍カレー本舗」では、軍用食として採用された明治41年当時のカレーを再現させたものを提供しているのだとか。「日本カレーのルーツ」「明治の味」それを確かめるべく2Fへとあがった。

メニューを見ると、チキンカレー、ビーフカレーといったスタンダードメニュー以外に、焼きハンバーグカレー、カレードリアなどオリジナルメニューも並んでいる。

横須賀海軍カレー本舗
横須賀海軍カレー本舗

チキンカレーをオーダーすると、ほどなくして銀のポットにカレールウとライスが運ばれてきた。ルウにはチキン、じゃがいも、人参が入っている。ライスにルウをまわしかけると想像以上にとろみが強かった。女性スタッフにとろみの理由を聞いてみると、「とろみは少量の小麦粉でつけています。召し上がってくださればおわかりいただけますが、とろっとはしていますが、お腹にはもたれません。野菜がたっぷりルウに溶け込んでいるためにとろみが強くなっているんですよ」とのこと。

なるほど、口溶けはサラッとして食べやすい。味ははじめに甘みが口に広がるが、徐々に辛みを感じるようになり、甘みによって辛さがより際立っていい感じだ。辛さはオーダー時に伝えれば調節してくれるそうだが、チャツネを加えれば程よい味に自分でも調節可能。あれこれ試しながら、気づけばあっという間にお皿も、ポットの中身もなくなった。

さて帰ろうとレジに向かうと、支払いはドル払い(1ドル100円) でも受け付けていると書いてあった。国際都市の顔を持つ横須賀ならではの光景だろう。

横須賀海軍カレー本舗
横須賀海軍カレー本舗

横須賀海軍カレー本舗
横須賀海軍カレー本舗

よこすか海軍カレー スペシャルビーフ…1,200円
よこすか海軍カレー スペシャルチキン…1,200円
(よこすか海軍カレーは、ライス・サラダ・牛乳・チャツネ・コーヒー付き)

※本文中のメニュー・価格等は取材時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

横須賀海軍カレー本舗
所在地:神奈川県横須賀市若松町1-11-8  YYポート横須賀
電話番号:046-829-1221
営業時間:
 1F物販・カフェ 9:00~19:30
 2Fレストラン 平日 11:00~16:00(L.O.15:30)、 土・日曜日・祝日・春・夏休み 11:00~20:00(L.O.19:30)
http://yokosuka-curry.com/





PAGE
TOP