平塚八幡宮

湘南平塚の中心市街地で、千年以上の歴史を紡ぐ鎮守の森、平塚八幡宮。「聖帝(ひじりのみかど)」とも呼ばれた第16代天皇・仁徳天皇が、この地域で起きた大地震で苦しむ民の姿を見て、一帯の国土安穏を祈るために創建されたと伝えられる。歴代の将軍・武将にもゆかりの深い神社で、鎌倉幕府の初代征夷大将軍・源頼朝は妻・北条政子の安産をこの神社で祈願し、神馬を奉納したという記録が古文書に残されている。現在も「相模国一 .....




PAGE
TOP