梵蔵 自家挽工房

鎌倉野菜としらすの蕎麦
鎌倉野菜としらすの蕎麦

洋楽が流れる雰囲気のある店内で、蕎麦の風味と香りが生きる自家挽き・細打ちの十割蕎麦を味わえる「梵蔵 自家挽工房」。材木座で生まれ育った店主が、世界中を旅した後に蕎麦づくりの修業を積み、店をオープンさせた。一期一会を大切に、日本を離れて気づいた日本の良さを世界に発信しようと蕎麦づくりに取り組んでいる。

外観
外観

食や音楽は全世界共通だ。ミシュランガイドブックで3年連続一つ星を獲得した実力を求め、日本のみならず世界中からお客さんが足を運ぶ。どのメニューも幅広い年齢層から注文があるというが、「鎌倉野菜としらすの蕎麦」はサッパリとしていて暑い時期に人気のメニュー。鎌倉で採れた水菜とミニトマト、薬味、そして釜揚げしらすがたっぷり載っていて、釜揚げしらすの塩気が蕎麦との相性抜群だ。そして、最後に出される蕎麦湯も名物となっている。トロトロとしていてスープのような蕎麦湯は、冷たい蕎麦でクールダウンした身体をちょうどよく温めてくれる。

看板メニューの鴨焼き
看板メニューの鴨焼き

また合わせて、看板メニューの「鴨焼き」もぜひ味わって欲しい。わざわざフランスから仕入れる真鴨を用いていて、一般的に使われることが多い合鴨とは異なり、牛肉のような味わいが特長だ。蕎麦と相性がよく、箸が進む。

店内の様子
店内の様子

あるフランス語しか話せない80代くらいのフランス人夫妻がお店を訪れた日のこと。なんとか料理を提供したが、ご夫婦がそわそわしていたので様子を見に行ったところ、あまりの蕎麦の美味しさにお代わりを頼みたかったが伝えられず困っていたそう。それでもこの蕎麦をもっと食べたいという思いが勝り、片言の英語と身振り手振りでお代わりを伝えてきのだとか。「梵蔵 自家挽工房」の蕎麦の美味しさが言葉の壁を越えたエピソードだ。

※本文中の内容、および営業情報等は掲載時のものです。予めご了承ください。

梵蔵 自家挽工房
所在地:神奈川県鎌倉市材木座3-17-33 
電話番号:0467-73-7315
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、18:00〜21:00(完全予約制)
定休日:木曜日
https://bonzo.shopinfo.jp/



PAGE
TOP