秩父宮記念体育館

藤沢市は、秩父宮雍仁親王殿下がご静養のために1952(昭和27)年に移住された地、終焉の地としてゆかりが深い。1954(昭和29)年に体育館を建設する際、故雍仁親王殿下が生涯を通じてスポーツに深い関心を持たれていたことなどから現在の名称を賜った。 1997(平成9)年に改装された現体育館は、メインアリーナに観客席787席を備え、バスケットボール、バレーボール各2面、バドミントン10面、卓球20台な .....




PAGE
TOP