小田原おでん本店

江戸時代から蒲鉾の名産地として名高い小田原の地。ここの商店主らが知恵を絞り合い、「小田原名産の練り物、水産物、野菜などを使ってなにか町おこしはできないものか」と考案したのが「小田原おでん」だ。その誕生は2003(平成15)年。昨今ではテレビや雑誌などでも数々紹介され、小田原の新たなシンボルとして注目を集めている。 「小田原おでん」のルールは主に3点ある。 (1)「小田原おでん会」が選んだ小田原産の .....




PAGE
TOP