星谷寺

星谷寺
星谷寺

小田急小田原線「座間」駅から徒歩約5分のところにある「星谷寺(しょうこくじ)」は、真言宗大覚寺派の寺院で、山号は妙法山、院号は持宝院。本尊は聖観音で、坂東三十三箇所第8番札所である。星の谷観音とも称されるこの寺は、聖武天皇の時代に高僧の行基が山谷で星のように輝く光を見たことからこの堂を建てたという伝説が残っている。また、古くから「星谷寺の七不思議」(銅鐘、星の井、楠の化石、咲き分け散りの椿、観音草、根不断開花の桜、下りの紅葉)の言い伝えがある。

さらに撞座が1つしかなく、江戸時代から日本三大奇鐘の1つに数えられていたという大変めずらしい梵鐘は、重要文化財にも指定されており、全国でも50番目、関東以北では2番目に古いものとされている。この鐘を一目見ようと訪れる人が多いようだ。

星谷寺
星谷寺

星谷寺
所在地:神奈川県座間市入谷3-3583-1 
電話番号:046-251-2266
http://www.shoukokuji.or.jp/





PAGE
TOP