ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

『レストランは劇場』というコンセプトをもとに、2004(平成16)年にオープンした「ラ・グランターブル ドゥ キタムラ」。名古屋屈指の町並み保存地区、主税町にある旧邸を改装した店は、まるで和会席の店かと思わせる門構え。しかし、そこでいただくのは、正真正銘のフレンチだ。

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

中に入ると、店内と言うよりも邸宅内というべきか。趣が異なる部屋がいくつも用意されている。例えば結婚披露宴も行うことのできるホールは外の光をたくさん浴び、上質なホテルのような贅沢な空間。先ほどの外観からは全く想像の付かない、明るくスタイリッシュモダンな雰囲気だ。一方で茶室は、もとあった部屋に最小限の照明などを施しただけで当時の様子をそのままに残している。外国からの賓客や結納など、特別な催しの使用をも予定しているという格式高い雰囲気を醸し出している。

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

そして、どんなシチュエーションであっても変わらないのが、シェフ珠玉のフレンチ。オーナーシェフの北村氏は、フランスの「シャルル・パリエ」「ジャマン」「タイユヴァン」で修業し、スイスの「ジラルテ」ではスーシェフとして活躍したという経歴の持ち主だ。

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

そんなシェフが、腕に奢ることなく振る舞うのは『洋服と同様、料理もオートクチュールでありたい』をコンセプトに作り上げる料理の数々。予約を入れたお客様にヒアリングを行い、さらに、当日訪れた際の雰囲気も加味。その日仕入れた素材を使って、お客様一人一人に合わせたメニューを考えるという。二回目以降訪問の場合は、嗜好やそれまでに食べたものをきちんとメモをしているので、同じ料理が出ることはないそうだ。

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

ワインも豊富で、常時150種類以上を取り揃えている。あまりに多くて悩みそうだが、ソムリエが料理にあったワイン選びをサポートしてくれるので大丈夫。また、アルコールが飲めない人には、ノンアルコールビールはもちろん、ノンアルコールスパークリングワインと季節のフルーツ果汁を合わせたカクテルなど、手の込んだ気遣いも欠かさない。

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ

「名古屋で世界一のフレンチを目指す」という北村シェフの妥協ないひと品ひと品。最高の空間と最高のおもてなし、つまり、完璧なまでのシチュエーションで王道フレンチを楽しめるお店だ。

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
所在地:愛知県名古屋市東区主税町4-84 
電話番号:052-933-3900
営業時間:11:30~15:00(L.O.13:30)、17:30~22:00(L.O.20:30)
定休日:不定休
https://french-kitamura.jp/





PAGE
TOP