塩付街道

塩付街道
塩付街道

「塩付街道」は、江戸時代初期、笠寺台地の西から南にかけて広がっていた塩浜から取れた塩を運ぶ道として、広く利用されていた。御器所台地を通って古出来町までの道筋は、塩を運ぶ馬の行き交う道として多くの人が往来し、途中で接続する「飯田街道」や「山口街道」などを利用して尾張・美濃・信州へと運ばれた。現在も道中に残る馬頭観音や地蔵堂などを眺めると、当時の風景が蘇ってくるかのような気分にさせられる。

塩付街道
所在地:愛知県名古屋市瑞穂区汐路町 ほか
http://www.city.nagoya.jp/mizuho/page/00..





PAGE
TOP