大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)

大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)
大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)

「大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)」は、1939(昭和14)年、瑞穂陸上競技場の建設時に発見され、1941(昭和16)年には国の史跡に指定された。

大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)
大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)

当初は貝塚の存在だけが確認されていた。しかし1980(昭和55)年の競技場改築の際に、その下から良好な状態の遺跡が発見され、その後の発掘調査で縄文時代前期から古墳時代~中世の複合遺跡であることが判明。こうした経緯から、大曲輪遺跡と称されるようになった。

大曲輪貝塚(大曲輪遺跡)
所在地:愛知県名古屋市瑞穂区 





PAGE
TOP