パロマ瑞穂スタジアム

名古屋市瑞穂陸上競技場
名古屋市瑞穂陸上競技場

1941(昭和16)年に開設された「名古屋市瑞穂公園陸上競技場」は、日本陸上競技連盟の第1種公認スタジアムにも指定されていると同時に、Jリーグの名古屋グランパスのホームグラウンドとしても親しまれている。瑞穂区内に本社を置くパロマが命名権を取得し、2015(平成27)年4月から「パロマ瑞穂スタジアム」と呼ばれている。

1994(平成6)年に催されたわかしゃち国体に際して改修工事を行い、2005(平成17)年には愛・地球博の「愛・地球広場」で使用された大型ハイビジョン映像装置「エキスポビジョン」が移設された。2万人収容で、メインスタンドは屋根付きとなっている。

パロマ瑞穂スタジアム
所在地:愛知県名古屋市瑞穂区山下通5-1 
電話番号:052-836-8200
http://nagoya-grampus.jp/stadium/mizuho-..



PAGE
TOP