中川運河松重閘門

中川運河松重閘門
中川運河松重閘門

中川運河と、それよりも水位が高い堀川を結ぶ水路の、水位調整を目的に設けられた閘門(こうもん)。1930(昭和5)年に造られた。

水路は幅8.5メートル、長さ90メートル。船が中川運河から水路に入ると中川側の水門を閉め、地下の暗梁で堀川の水を水路に入れて水位を調節し、堀川側の水門をあけて船を堀川に通すという構造になっている。塔は、その水門昇降用に使う釣り合いのおもりを収容するために設けられたもの。

しかし輸送の主役が、水上交通から自動車に取って代わると閘門の必要性も減少し、1976(同51)年に使用が停止された。現在では名古屋市指定有形文化財となっている。

中川運河松重閘門
所在地:愛知県名古屋市中川区山王1-901 
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakory..



PAGE
TOP