南極観測船ふじ

136-05nagoya.JPG
136-05nagoya.JPG

『宗谷』の後を引き継いだ日本で2代目の南極観測船(砕氷船)で、昭和40年から昭和58年まで18回の南極観測業務で活躍した。退役後、昭和60年からは『名古屋海洋博物館』の展示物のひとつとしてガーデンふ頭に永久係留してあり、当時の姿のまま「南極の博物館」として第二の役割を担っている。

船内は、マネキンなどを使って現役時代の様子をそのまま再現・展示し、特殊船の構造や輸送手段としての役割を説明しているほか、南極の自然や南極観測の意義なども紹介している。

南極観測船ふじ
所在地:愛知県名古屋市港区港町1-9 
電話番号:052-652-1111
営業時間:9:30~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日、臨時で営業の場合あり。要確認)※7~9月は無休
http://pier.nagoyaaqua.jp/fuji/201410091..



PAGE
TOP