桶狭間古戦場伝説地

桶狭間古戦場伝説地
桶狭間古戦場伝説地

少年時代の徳川家康を人質にとっていた駿河・遠江・三河の国主、今川義元。「桶狭間古戦場伝説地」は、1560(永禄3)年、今川義元が織田信長に襲われ、戦死した場所だと伝えられている。

桶狭間古戦場伝説地
桶狭間古戦場伝説地

敷地内には、今川義元、松井宗信ほか無名の人の塚がある。1809(文化8)年には桶狭間弔古碑が建立。また、戦死者を弔って建てられたおばけ地蔵、江戸浄土宗の高僧、徳本行者が死者の霊を弔うために建てた円筒形の小塔、念仏碑などもある。

桶狭間古戦場伝説地
所在地:愛知県豊明市栄町南舘11 
http://www.city.toyoake.aichi.jp/shogaku..



PAGE
TOP