帝塚山古墳

帝塚山古墳
帝塚山古墳

南海高野線「帝塚山」駅の西に位置する「帝塚山古墳」は、4世紀末~5世紀初に築かれたとされる古墳。当初の規模は全長120メートルあったと推定され、現在もなお前方後円墳の形をほぼとどめていることから、非常に貴重な史跡となっている。この古墳に埋葬されているのは、豪族であった大伴金村という説もあるが、詳しくはわかっていない。このあたりの地名「帝塚山」は、この古墳の名前に由来するとされている。

帝塚山古墳
所在地:大阪府大阪市住吉区帝塚山西2 
http://sumiyoshimuratokiwakai.or.jp/word..





PAGE
TOP