チリン (chi li nn)

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

なんばで、今人気の和柄ファッションや雑貨を扱っている「チリン」は、千日前商店街側の道具屋筋より一本東の路地裏にある、まるで隠れ家を思わせる雰囲気の店だ。

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

わかりづらい場所にあるため、迷ったり、見過ごしてしまいそうになるチリンだが、店内には全国各地から取り寄せられた和柄の生地を使ったジーンズにジャケットやコート、おサイフやベルトなどの小物類が並び、人気の和柄ファッションを求めに外国人客や遠方からも多くの人たちが訪れるという。

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

店の雰囲気はなんともオシャレだ。オーナー自身が古い民家に手をいれて内装を手がけたそうで、歴史を感じさせる形にしあがり、和柄をより引き立てている。

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

梁がよく磨き上げられた2階席はカフェとして利用されているという。シックなダークブラウンの内装に、柔らかい照明があたたかな光を映し出していて、居心地の良い、寛ぎの空間を演出している。

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

カフェは地産地消を大事に考え、地場野菜を中心としたメニュー構成で、添加物などは一切使わないカラダに優しいアジアン料理を提供している。

ランチの人気はチキンカレー。優しく、まろやかな味わいで、一度食べたら忘れられないと評判。週に一度は必ず訪れ、チキンカレーをオーダーするというチリンファンも多いという。また好きなおにぎりとみそ汁がセットになった「おにぎりdeトリオ」や、デザートに「かりんとう」をおくなど、和の味も取り揃えられていて、こちらも根強い人気があるのだとか。

何種類かの茶葉をミックスしたインド紅茶「チャイ」もオーダーする人が多い。世界各国の茶葉をブレンドした、ひねりが利いた、チリンオリジナルのブレンドチャイも季節のお楽しみとして用意され、こちらも好評だ。

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

店内一角には「よんでチリン」というオリジナルのミニコミ誌がおかれていた。エコやファッションをテーマにした読み物で、店舗主催のワークショップ等も案内され、カフェタイムのお供になっている。

チリン (chi li nn)
チリン (chi li nn)

人にはあまり教えたく無い。けれどもつい話題にしたくなるチリン。ジワジワと人気が高まっているチリンは、知る人ぞ知る名店のままでいて欲しいと思うのは、わがままなのだろうか。

※本文内のメニュー・価格等は掲載時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

チリン (chi li nn)
所在地:大阪府大阪市中央区難波千日前7-15 
電話番号:06-6636-7508
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休(第3火曜・水曜)定休日
http://chilinn.com/index.html





PAGE
TOP