今城塚古墳

三島平野のほぼ中央に位置する「今城塚古墳」。二重の濠が張り巡らされ、総長約350m、総幅約360mの淀川流域では最大級の前方後円墳だ。日本最大の家形埴輪や精緻な武人埴輪も発見されている。 531(継体天皇25)年に没した第26代継体天皇の真の陵墓と考えられ、古墳時代の大王陵としては唯一、淀川流域に築かれた古墳である。城塚という名称は、戦国時代に城砦として利用された江戸時代の絵図などにも描かれている .....




PAGE
TOP