茨木市立川端康成文学館

1968(昭和43)年、日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成は、幼くして両親を亡くし、幼児期から旧制中学校卒業までを茨木市で過ごした。 「茨木市立川端康成文学館」は、彼のふるさとともいえるゆかりの地「茨木」に、1985(昭和60)年開設された文学館。館内には写真や原稿などの遺品が展示され、ビデオやパネルで川端康成の生涯を紹介している。多くの市民が川端文学に親しめるよう、入場は無料。茨木市立川 .....


PAGE
TOP