沢の井

沢の井
沢の井

日本書紀にもえがかれている神功皇后が、朝鮮半島に出兵した帰りに化粧のため姿を映したところ鮮やかにその姿が映し出されたとの言い伝えが残り、この地に「御影」の地名がついたとされている。その時の井戸と言われているのが、こちらの沢の井である。

阪神本線御影駅から西へ50mほどの高架下に、この井戸の姿が見られる。

南北朝時代には、この泉の水で酒を醸して後醍醐天皇に献上したところたいそうよろこばれ、その酒を納めたということから、このあたりの酒造の一族は「嘉納」と姓をなのりはじめたという言い伝えもある。

沢の井
沢の井

沢の井
所在地:兵庫県神戸市東灘区御影本町4-677 
http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakush..

神戸市東灘区のitot




PAGE
TOP