神戸市立相楽園

神戸市の都市公園で唯一の日本庭園「神戸市立相楽園」。元三田藩士で神戸を代表する豪商となった小寺泰次郎によって1885(明治18)年から明治末期にかけて造られた庭園と邸宅で、1941(昭和16)年に神戸市の所有になり、一般公開されるようになった。2006(平成18)年には国の登録記念物(名勝地)に登録されている。 日本庭園には飛石や石橋なども織り交ぜ構成された庭に、樹齢500年と伝えられる大クスノキ .....




PAGE
TOP