阪神国道駅

「阪神国道」駅は、阪急今泉線の駅。阪急電鉄の駅なのに「阪神」という名称が付いているのは、駅の所在地が、阪神国道との交差する地点にあるため。駅自体の歴史は古く、1927(昭和2)年、元の社名「阪神急行電鉄」の駅として、地上駅として開業した(現在は高架駅)。駅出口は1ヵ所、始発駅である隣の「今津」駅側にある。「今津」駅とは間隔が短く、駅ホームから「今津」駅のホームが見えるほどで、この2駅は今津線の中で .....




PAGE
TOP