鳴尾駅

「鳴尾」駅は、阪神本線の各駅停車駅。開業は、1905(明治38)年。当時、駅の周辺は、銘酒「白鹿」の蔵元である大手清酒メーカー「辰馬本家酒造」の所有地だった。資金調達のために、辰馬家当主と鳴尾村の有力者が所有地を無償提供して駅を造った経緯がある。まっすぐな路線の多い中で、「鳴尾」駅だけ急カーブになっているのは、この経緯によるもの。武庫川女子大学の最寄駅であることから、副駅名に「武庫川女子大前」と付 .....




PAGE
TOP