親子で楽しい時間を過ごしながら、気軽に子育て相談ができる「親子つどいの広場ゆめきっず」/子ども家庭支援センター 遠藤由美子さん

子ども家庭支援センター
遠藤由美子さん

親子で楽しい時間を過ごしながら、気軽に子育て相談ができる「親子つどいの広場ゆめきっず」

都心部から電車でわずか30分ほどの距離に位置し、駅前のショッピングセンターや商店街をはじめ、充実した生活環境が子育てファミリーの注目を集めている八王子。市内には高尾山に象徴される豊かな自然環境や、20校以上もの大学・研究機関も集まり、おだやかな雰囲気が漂っています。
2012(平成24)年に商業施設「セレオ八王子 北館」オープンした「親子つどいの広場ゆめきっず」は、産・官・学の連携により運営する国内初の試みとなる子育て支援施設で、地域のニーズに即した八王子市ならではの特色ある施設です。今回は「ゆめきっず」のオープンから企画・運営に携わっている、八王子市子ども家庭支援センターの遠藤由実子さんにお話を伺いました。

「親子つどいの広場ゆめきっず」は、全国初の産・官・学の連携による子育て支援施設だそうですね。施設の概要と特徴について教えて頂けますでしょうか。

セレオ八王子
セレオ八王子

「親子つどいの広場ゆめきっず」」(以下、ゆめきっずに省略)は、2012(平成24)年10月、JR「八王子」駅の駅ビル型商業施設「セレオ八王子 北館」の6Fにオープンしました。主に乳幼児(3歳未満)の子育てに励むご家族同士の交流や情報交換の場として、八王子市が設けた子育て支援施設「親子つどいの広場」のひとつで、「ゆめきっず」のほかに、堀之内、西八王子、楢原、大和田にあります。

ゆめきっず
ゆめきっず

「ゆめきっず」が他の4施設と異なる点は、「八王子」駅より徒歩0分の商業施設内という恵まれた立地に設けられているということです。また、大型の遊具を設置し、思い切り体を使って遊べることも特徴のひとつです。

270坪ものひろびろとした空間には、3歳未満の子どもが無料で利用できる「ゆめきっず」と、親子で楽しめる室内の遊び場「ボーネルンドあそびのせかいキドキド」(以下、キドキドに省略)が併設されています。

ゆめきっずインタビュー
ゆめきっずインタビュー

 

通常「キドキド」の利用には12歳までの子どもひとり30分間の利用で600円と有料になるところ、「ゆめきっず」の事前登録(無料)をすることで、1日先着60組(※変更になる可能性あり)に限り無料で両施設をご利用頂くことができます。遊びのプロを称する“プレイリーダー”とともに、ボールプールやエアトラック、サイバーホイールなど体を使ったダイナミックなものから、頭と手を使った緻密な作業を必要とするものまでバラエティーに富んだ遊びを楽しんで頂けるのも、ボーネルンドが運営する施設ならではの魅力です。

「ゆめきっず」の利用方法と、実施しているサービスやプログラムについて詳しくお聞かせ頂けますでしょうか。

クリエイトホール
クリエイトホール

まず「ゆめきっず」の利用に際しては事前登録(無料)が必要です。「八王子」駅北口から徒歩3分、「親子つどいの広場ゆめきっず」にて登録の手続きを行っています。八王子市内在住で、お子さまの年齢が分かる〈乳幼児医療証〉や〈健康保険証〉など身分証明が必要となります。

プログラムとしては、毎月実施している『お誕生日会』や『絵本の読み聞かせ』、また不定期ですが『離乳食講座』や地元保育園の協力による出前講座なども開いています。利用方法や今後の予定などもホームページに掲載していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

ゆめきっず
ゆめきっず

「ゆめきっず」のみのご利用であれば、いつでも何度でも利用できますので、「セレオ八王子」でのお買い物のついでや、駅を利用してお出かけする際の中継点として気軽にご利用頂けると嬉しく思います。

ゆめきっずインタビュー
ゆめきっずインタビュー

また、「ゆめきっず」は子どものための遊び場としてだけではなく、“パパ・ママの居場所”でもあります。日常会話の延長で育児相談にも気軽にのってくれる経験豊かな「子育てアドバイザー」や、より専門的な子育て支援のための知識を備えた「発達支援アドバイザー」といった専門スタッフも常駐しているので、親子で楽しみながら気軽に、安心して子育て相談ができる場所として独自の役割も担っているのです。

「子育てアドバイザー」、「発達支援アドバイザー」とはどのような方々なのでしょうか。

スタッフ
スタッフ

「ゆめきっず」には現在、緑色の襟のユニフォームを着た“子育てアドバイザー”5名と、子育て支援のスペシャリストとも言うべき白いユニフォームの“発達支援アドバイザー”5名が交代で子どもたちの遊びを見守っています。

ゆめきっず
ゆめきっず

産・官・学の“学”にあたる「明星大学」、教育学部教授の星山麻木先生と連携し、専門的で先端の子育て支援を実践しているのです。こちらも「ゆめきっず」の大きな特徴のひとつです。

ゆめきっず
ゆめきっず
※記事内容と写真とは一切関係ございません※

はじめて子育てをするご家族は特に、子どもとのコミュニケーションのとり方や離乳食のあげ方、ご近所のママ友との人間関係など日々が悩むことの連続だと思います。ご結婚やご出産を機に八王子市に転入して来た人はなおさら、実家からの支援もなかなか望めませんし、新しいコミュニティや環境のなかで、出産をきっかけに自宅に引き蘢ってしまう人も少なくありません。

そんなとき、日常のなかで気軽に立ち寄って、子どもを楽しく遊ばせながら、パパとママ自身もおしゃべりをしながら、自然と不安を共有したり解決したりしてほっとできるような場所の存在は必要なのではないでしょうか。

ゆめきっず
ゆめきっず
※記事内容と写真とは一切関係ございません※

そこで、“子育て中のご家族同士の交流や子育てに関する情報交換の場”を目的とした「親子つどいの広場」に、“遊びのプロ”としての「ボーネルンド」と、“子育てを科学する”「明星大学」という、それぞれの専門家が協同することで、この「ゆめきっず」ではより充実した子育て支援サービスが提供できるのではないかと考えております。

ありがとうございました。最後に、これからこの街に暮らす方に向けて、八王子市の子育て環境の魅力を教えてください。

八王子駅
八王子駅

都心部から電車でわずか30分で自然環境にも恵まれた八王子市は、子育てをするファミリーにとっては特に魅力的な街だと思います。駅前のショッピングセンターや商店街により便利で充実した生活環境が整えられていますし、古くからの住宅地にはご近所や地域のつながりのなかで、“子どもの成長を見守っていこう”という温かな気風が今も残り、安心して子育てができると思いますよ。

八王子
八王子

行政が中心となって推し進める「ゆめきっず」のような拠点のほか、地域の協力により実現している小学校の防犯ボランティアや、「Beeネット」と名づけられたボランティアによる地域の子育て応援団など、さまざまな活動が行われていますし、「子育て応援企業」の名のもとに、市内162事業所・90団体(平成27年4月27日時点)が地域の子育てに積極的な姿勢を示しているのも八王子市ならではの魅力といえるでしょう。

ゆめきっず 遠藤さん
ゆめきっず 遠藤さん

今回、話を聞いた人

八王子市子ども家庭支援センター 遠藤由実子さん

「八王子市子ども家庭支援センター」
所在地:八王子市東町5-6クリエイトホールB1F
TEL 042-656-8225

「親子つどいの広場ゆめきっず」

所在地:東京都八王子市旭町1-1 セレオ八王子北館6F
電話番号:042-686-3356
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜日、祝日

※記事内容は2013(平成25)年9月時点の情報です。

親子で楽しい時間を過ごしながら、気軽に子育て相談ができる「親子つどいの広場ゆめきっず」/子ども家庭支援センター 遠藤由美子さん
所在地:東京都八王子市旭町1-1  セレオ八王子北館6F
電話番号:042-686-3356
利用時間:10:00~17:00
休館日:日曜・祝日、年末年始
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/fukush..