次世代住宅ポイント申請がスタート、交換商品も増加中

「次世代住宅ポイント」の申請受付が始まりました。これは消費税率の引き上げに伴い設けられた制度で、住宅購入やリフォームをした人に国からポイントが与えられ、各種商品と交換できる仕組みです。

交換商品が発表され、申請受付も開始!

「次世代住宅ポイント制度」は、住まいの新築やリフォームを行った場合、省エネや耐震など住宅の性能や設備に応じた「ポイント」が国から発行される制度で、「ポイント」は家電製品など、さまざまな商品と交換できるというものです。既に公式サイトが開設されていましたが、6月からは交換商品の情報が続々と提供され、ポイント発行申請の手続きも開始されています! 商品の交換申込み開始は2019年10月1日以降の予定となっており、今後も新しい商品が増えていく可能性が大! 実際にどんなものが用意されているのか、6月末時点の情報からご紹介しておきましょう。
スクリーンショット 2019-07-02 02.50.01スクリーンショット 2019-07-02 03.02.42
■次世代住宅ポイント 公式サイト
https://www.jisedai-points.jp/

通販サイトを見るような充実した商品構成!

「次世代住宅ポイント」の公式サイトの右上メニュー「交換商品の検索」をクリックすると商品検索ページが登場し、カテゴリ、政策テーマ、都道府県、ポイント数といったジャンルで商品検索が可能になっています。
たとえば「カテゴリから探す」は家電、インテリア、雑貨・日用品、地場産品、ベビーキッズ用品など9つのジャンルに分類。「家電」を開いてみると省エネ家電、キッチン家電、スマートスピーカーなど、さらに細かく分類されています。
「キッチン家電」の中では冷蔵庫・冷凍庫、炊飯器、電子レンジ・オーブントースター、その他などに分かれて、それぞれに数十から数百点の商品が掲載されています。冷蔵庫ならサイズ別に並べられ、ポイント順や最新順での並べ替えも可能。検索機能も充実していて、まるで通販ショッピングやカタログギフトのサイトを見ているようです!

スクリーンショット 2019-07-02 03.23.42スクリーンショット 2019-07-02 03.24.10

政策テーマ、都道府県での検索もユニーク!

一方「政策テーマから探す」では、省エネの推進や家事負担軽減の普及などポイント制度の狙いに沿った分類が行われています。面白いのは「都道府県から探す」のジャンル。日本地図が現れ、各地域の特産品を中心にした交換商品が掲載さています。
たとえば静岡県では釜揚げしらす、炭焼きかつおのタタキ、特上煎茶、天然マグロ、うなぎなどが並び、ポイント数の上位には特産の家具なども掲載されています。

スクリーンショット 2019-07-02 03.32.16
こうしてみると、まるでふるさと納税の返礼品サイトのようで、見ているだけでも地域の特徴がわかり楽しくなり、選ぶのが大変と思ってしまうほどの充実ぶり。「ポイントをゲットして、有効に使いたい!」と考えているのなら、事前にじっくりと検索して交換商品を絞り込んでおくほうがいいかもしれません。
注意したいのはこれらの商品との交換は10月1日以降になること。また、ポイントの発行申請が始まっているのは建築工事請負契約などを済ませている「工事完了前」に該当するケースと、分譲住宅を購入する際の「分譲予約」に該当するケースのみ。「工事完了後」の手続きは10月以降になる予定です。手続きは基本的には住宅の所有者が行うことになっていますが、工事事業者などが代行することも可能です。住宅購入の計画を進行中の方は、「次世代住宅ポイント」も申請したい、という相談を進めておくといいでしょう。

詳細は「次世代住宅ポイント」の公式サイトをご覧ください。
https://www.jisedai-points.jp/
(※情報は2019年7月1日時点のものです。その後、更新されている可能性があります)