長久手古戦場公園

長久手古戦場公園
長久手古戦場公園

1584(天正12年)、日本の歴史に大きな影響を与えた「長久手合戦」が行われた古戦場の中心地の史跡を“縮景”という手法で表現した公園。

「長久手合戦」とは、織田信長の後継者争いが起きていた1584(天正12年)、総勢2万人の豊臣秀吉軍が岡崎に攻め込んできたときに、家康と織田信雄(信長の息子)が1万3,000人の兵隊を率いて対戦し、見事勝利を納めた合戦のことである。後に秀吉が信雄を屈服させたため、信長の後継者としての地位は秀吉のものとなったが、家康の地位を飛躍させた出来事として歴史に記録されている。

公園の北側には「長久手市郷土資料室」があり、「長久手合戦」を中心とした歴史を学ぶことができる。

長久手古戦場公園
所在地:愛知県長久手市武蔵塚204 
http://www.nagoya-info.jp/shisetsu/imyCL..



PAGE
TOP