色金山歴史公園

色金山歴史公園
色金山歴史公園

歴史、交流、自然をテーマに、歴史的価値の高い色金山の地形、木々を活用しながら作られた公園。色金山は、1584(天正12)年、徳川家康軍と豊臣秀吉軍とが戦った長久手の戦いのときに、家康が布陣を張った山として知られる。1939(昭和14)年に長久手古戦場として国の史跡に指定された。

頂上には「床机石広場」が広がる。家康はこの山頂に金扇の馬印を立てて、四方を見渡しつつ、戦略を練ったとされる。戦のときに家康が腰掛代わりに使用したという「床机石」と呼ばれる巨石が残されている。

そしてその前には、「展望テラス」が設けられており、こちらから古戦場跡を見渡せば、家康になったような気分に浸れるかもしれない。

色金山歴史公園
所在地:愛知県長久手市岩作色金37-1 
電話番号:0561-61-3131
http://nagakute-kankou.com/iroganeyama.h..



PAGE
TOP