新築以上の魅力!? リノベーションマンションとは?

スタイリッシュな印象がある“リノベーションマンション”。響きはカッコイイけれど、リフォームとは何が違うのか、わからない人も多いはず。一体どんな住まいなのか、解説しましょう。

新築時以上に性能を向上させた住まい?

“リノベーションマンション”と聞くと、デザイン重視でリフォームした住まいをイメージするかもしれません。でも、それだけでは正しくはありません。実際に「既存住宅に大規模な改修を行い、用途や機能を変更して性能を向上させ、価値を高めた住まい」のことをいいます。混同されがちな“リフォーム”と比較すると、より分かりやすいかもしれません。リフォームは設備の入れ替えや補修などの「原状回復」をさしますが、リノベーションは給排水設備など、インフラなどにも手を加えて大幅に改修することで、従来の性能を超えた住まいを指します。中古を買って自由にリフォームしたい方はもちろんのこと、画一的な新築に満足できないこだわり派まで、幅広い層から注目されています。

リノベーション物件を手に入れる方法

では、どうすればリノベーション物件を手に入れることができるのでしょうか。方法は主に2つあります。ひとつは、既にリノベーションされた物件を購入する方法。最近では、自社で中古物件をリノベーションする不動産会社が増えています。この方法で購入するメリットは、実際に物件を見て判断できるだけでなく、自らで設計する手間はありません。

もうひとつは、自分で購入した中古物件(または所有している物件)をリノベーションする方法があります。工事は自身で会社に依頼するので、マンションの管理規約の範囲であれば思うように変更することができます。デメリットは、工事が完了するまで入居できないことです。

最近では、リノベーション事業を行う会社主催で体験会も開催されていますので、興味のある人は足を運んでみてはいかがでしょうか。






PAGE
TOP