白幡沼

さいたま市、とくに旧浦和エリアに水辺の風景が多いのは、旧入間川や笹目川に由来する沼が点在しているところによる。「白幡沼」もそうしたウォーターシーンをつくってきたもののひとつ。別名「こぶし沼」。巨人が転んで手をついた地面の窪みに水がたまったことで、この沼ができたという言い伝えから名づけられたのだとか。 沼の西側を沿うように白幡緑道が延びており、散歩しながらベンチでくつろいだりと、のんびりとした時間を .....


PAGE
TOP