川越まつり会館

毎年10月の第3土曜日と翌日曜日に市街地中心部で開催される「川越まつり」。国指定重要無形民俗文化財に指定されているこの祭りは、川越城主松平伊豆守信綱が祭礼用具を寄進したことに始まり、江戸の三王祭、神田祭の様式を取り入れながら受け継がれてきたもの。山車を持つ町の人々、山車に乗る囃子方、山車を動かす職人という江戸ゆずりの様式が特徴だ。 歴史上の人物などを題材にした人形をせり出して練り歩く山車は、きらび .....


PAGE
TOP