すし研究所

すし研究所
すし研究所

JR「蕨」駅より徒歩12分。閑静な住宅地の一角に気になるお店を発見。その名も「すし研究所」。“元祖フォアグラ寿司の店”と掲げられた店頭の大きな文字も印象的で、近くに立ち寄った際にはぜひその扉を開けてみたい。

「地域を活性化させたい」という真摯な思いから、「銀座・青山のクオリティを川口で」をテーマに地元出身のご主人が2007(平成19)年にお店をオープン。〈食〉への飽くなき探究心を抱くファンの間で評判が広まり、都心や横浜、浦和など遠方からのお客さんも呼び寄せてしまうほどの求心力を秘めている。

寿司デラックス
寿司デラックス

どんな料理に出会えるか胸の高鳴りとともに店内へと足を踏み入れると、はつらつとした笑顔の奥様が出迎えてくれる。カウンター3席、テーブル席12席のみの店内は、カウンター越しにネタがショーケースにならぶ一般的な寿司店とも雰囲気が異なり、ダイニングのようなカジュアルさが特徴的だ。ご主人のライフワークでもある〈釣り〉にちなんだインテリアや雑貨もユニークで、自らを「所長」と呼ぶご主人の際立つ個性に引き込まれてゆく。

寿司デラックス
寿司デラックス

“元祖フォアグラ寿司の店”という肩書きから、前衛的な創作寿司が並ぶものとばかり思い込んでいたが、取材時にご用意いただいた「寿司デラックス」(2,800円)には、15年の修行を経て寿司屋になったという職人としての品格があふれていた。「創作料理という言葉が嫌い」と語るご主人の言葉も興味深く、バフンウニやシラウオなど全国から取り寄せる新鮮な食材を用いて一貫を握るこだわりの先に“フォアグラ寿司”という至高のひと品を携えていることに同店ならではの魅力を感じることができた。

焼き上がりがもっとも美味しいとのおすすめに従いさっそく“フォアグラ寿司”をいただくが、カリッと焼いた表面とプチッとじける舌の上の食感、そしてなめらかな口当たりは後味もさわやかで、主張し過ぎないその上品な味付けはまさに逸品だった。

フォアグラ寿司
フォアグラ寿司

ご主人のお寿司は同店でいただくほか、「出張パーティーサービス」を利用すれば自宅でその味を楽しむこともできる。サラダやオードブルと一緒になった「お料理付コース」と握り寿司を思う存分楽しむ「にぎり三昧コース」どちらも8,000円/人で、出張費一律36,000円と合わせ6名からと少人数でもお願いできるようだ。

詳細については要問い合わせだが、まずはお店に足を運び所長のこだわりにじかに触れてみたい。利き酒師でもある奥様が選ぶ本日の地酒にも注目。探究心旺盛なご夫婦ふたりの織り成す空間はまさに研究所と呼ぶに相応しい活気と情熱に満ちあふれていた。

すし研究所
所在地:埼玉県川口市芝4-28-16 
電話番号:048-299-6116
営業時間:17:00〜翌1:00(L.O.12:30)
定休日:水曜日
http://www.sushilabo.com/



PAGE
TOP