やきとりひびき 東松山駅前本店

やきとりひびき 東松山駅前本店
やきとりひびき 東松山駅前本店

東松山には数多くの焼鳥店が軒を連ね、もはや「居酒屋=やきとり店」という認識が一般的になっている。ただし、やきとり=鶏肉とならないのが東松山独特だ。「やきとり」とは名ばかりで、実際には豚のカシラ肉を提供する店が大半なのである。さらに塩や醤油ベースのつけだれで食べるのではなく、唐辛子で辛く味付けされた味噌をたっぷり塗って食べる。これが東松山伝統の「やきとり」の姿である。

市内にある多くのやきとり店は家族経営の小規模な店で、地元密着型という雰囲気が漂っているが、その中にあってひときわ気を吐いている店が駅前すぐにある「ひびき」である。

「やきとりひびき」は川越市に本社がある飲食店経営会社で、埼玉県内を中心に直営店の「黒豚劇場」と「やきとりひびき」、フランチャイズ店の「やきトンぼたん」という3つの業態で計18店舗を展開している。その大半はコンテナ1個程度の小さな店舗ではあるが、本部から納品される良質の肉と自動で焼き上げる特製の機械で均一な品質を保ち、高い支持を得ている。

やきとりひびき 東松山駅前本店
やきとりひびき 東松山駅前本店

多店舗展開の店とはいえ、素材には埼玉県が誇る銘柄豚「彩の国黒豚」を使用したものも数多く、カシラ肉も十分な吟味をして仕入れている。素材の下処理もすべて手作業。埼玉の人の手で刺した埼玉県産の肉と深谷ネギを、埼玉製の自動焼き機で焼き上げ、埼玉の人々に届ける。そんな地元密着型の商売に真摯に取り組んでいるということだ。

1 2 


PAGE
TOP