深谷宿

「深谷宿」は、中山道六十九次のうち、江戸から数えて9番目の宿場。隣の熊谷宿で旅籠に飯盛女(遊女)を置くことを禁じていたために、1843年(天保14)年には80軒の旅籠屋をはじめ、本陣1、脇本陣4、家数524軒、人口1,928人を数える大宿場町として栄えていた。 現在でも、宿場の出入口には常夜燈が置かれ、旧商家や土蔵が点在するなど、宿場時代の名残を残す街並みが残っている。旧中山道に交わる細い路地には .....


PAGE
TOP