手打そば処 ふか川

歴史ある日光街道沿いに佇む「手打そば処 ふか川」。のれんが掛かっているのみで、メニュー表もサンプルも外には出ていない。本当に「佇む」という文字がピッタリの外観で、地元市民でも、うっかり通り過ぎてしまうほど。また、「場所も評判も知っているが、あの入り口が割烹みたいで、高そう」というイメージがぬぐいきれず、店の戸を開けられない…なんていう人もいる。

のれん
のれん

実際のところを言えば、うどんに至っては500円からあるので手頃な値段で食事をする事は出来る。ただ、ランチメニューやセットメニューがあるわけではないし、せいろの中の麺の量は少なめなので、「早い・旨い・お腹いっぱいの定食屋さん」のような使い方はできない。昔、蕎麦屋さんは「飲み屋」さんの役割を果たしていたというが、まさに「ふか川」はそんな感じ。池波正太郎の小説の中に出てくる小料理屋のように、店内が「しっぽり」とした雰囲気に包まれている。店内は間接照明と自然光のみで“暗め”(昼間でも)。1つ1つのテーブルがかなり離れていて、“個室”のようで、メニューも単品ばかり。大声を出すお客さんもいなくて、既存の蕎麦屋を想像して訪れると肩透かしにあうかもしれない。

試しに平日の昼間に来店してみると、テーブル席に1人で座り、「そば焼酎のそば湯割り(500円)」を飲みながら、「天種(900円)」をつつきつつ、そばやうどんを食べている大人のお客さん遭遇することが多い。彼らは、「ふか川」に1人で足繁く通う「ふか川の通」たち。そんな「ふか川」常連さんにアドバイスいただいた人気メニューを今回、オーダーしてみることにする。

玉子焼きとうどん
玉子焼きとうどん

まずは、ふか川で一番明るい奥のテーブルに着き「厚焼玉子(700円)」をまずは注文。醤油がかかった大根おろしで食べる卵焼きは、フワフワした食感。俗にいう「だし巻き玉子」だと思うのだが、ちょっと甘め。注文すると厨房でシャカシャカと卵を混ぜている音が延々と聞こえる。この作業で、白身と黄身が分離しないで卵焼きが焼けるのかもしれない。TVで和食の料理人が同じように作っているのを見たことがあるが、「腱鞘炎になりそう」と言っていた。この丁寧な作業の賜物か、厚焼玉子は絶品の出来上がり。これを食べただけでメインを食べなくても心が満足してしまったほど。

次は「手打うむどん(500円)」を注文。讃岐うどんなどとは違い、ふか川のは“細い”。手打ちだから、弾力がある「うむどん(うどん)」を細くできるのかもしれない。つゆは濃くて辛いので、少量しか入っていない。そば湯はとても濃厚で甘酒のようだ。

お腹に余裕がある人には「天ぷら」もおすすめ。注文後に揚げるので、カリカリとした歯触りが実に美味しい。温かいそばでも、お蕎麦の上に天ぷらを載せて出すのではなく、別のお皿に天ぷらを載せて出してくれる。
食後は、専門店の「そばしるこ(700円)」でしめてみた。草加の街で歴史散策した後、こんな風格あるお店を訪れてみるのも、オツかもしれない。

お店の全景
お店の全景

手打そば処 ふか川
所在地:埼玉県草加市瀬崎町1306-1 
電話番号:048-927-3677
11:30~20:00(休憩無し)
日曜日(祝日は営業)
http://www.fukagawa.com/index1.html



PAGE
TOP