大相模調節池

「大相模(おおさがみ)調節池」は、「新しく水との共存文化を創造する都市」をスローガンとした越谷市の地区整備事業「越谷レイクタウン事業」の一貫で、水害対策としてつくられた調節池。池の広さは39.5ヘクタール、調節水量は120万立方メートル。 「大相模調節池」周辺は、憩いの場として地域住民に開放。水上スポーツも楽しめ、登録をするとカヌーや手漕ぎボートなど、動力のない船を楽しむことができる。池の周囲は全 .....


PAGE
TOP