交通利便性が高く環境も良い和光市

和光市役所

和光市は、埼玉県南部にあり東京都と隣接しているため、東京都心部方面への交通利便性が高い。一方で、荒川や武蔵野台地の緑に抱かれていることから、豊かな自然環境のなかでゆったりと暮らすことができるという魅力もある。また、市内を通る旧川越街道には白子宿が置かれていたことから、周辺には歴史を感じられるスポットが多いことも特徴だ。1973(昭和48)年以降は、市内の南側を占めていた「キャンプ・ドレイク」が順次返還されることになり、これによって生まれた広大な敷地を活用。「和光市役所」などの公共施設や学校、大規模公園が造られ、充実した都市機能を持つ街に成長した。

和光市駅

和光市の主要交通機関となるのは最寄り駅となる「和光市」駅からの東武東上線と東京メトロ有楽町線、副都心線だ。3路線が利用可能という埼玉県内でも有数の利便性を誇る。

東武東上線

東武東上線は急行電車や準急電車などほとんどの電車が停車する。急行や準急に乗れば、「池袋」駅は2駅目、わずか13分という近さだ。副都心線や有楽町線なら「新宿三丁目」駅や「渋谷」駅、「有楽町」駅や「銀座一丁目」駅にもダイレクトでアクセスできる。「和光市」駅始発の電車が多く、少し並んで待てば座って移動できるため通勤も快適。

和光IC

道路網も充実している。関東地方の主要幹線道路である川越街道(国道254号)と外環が和光市で交差するほか、笹目通りなど多くの主要道路が近隣エリアを通過しているので、東京都心や周辺地域へもスムーズにアクセスできる。さらに東京外環自動車道の「和光IC」が近いため、「大泉JCT」で接続する関越自動車道など各高速道路の利用も便利だ。

1 2 
和光市のitot


PAGE
TOP