一宮市博物館

一宮市博物館
一宮市博物館

「一宮市博物館」は名鉄本線 妙興寺駅より徒歩7分ほど、妙興寺の広大な境内林に囲まれた場所にある。

原始・古代から近代までの一宮市の歴史を紹介しているが、特に注目したいのは常設展示されている織物関連のもの。江戸時代の工場制手工業(マニュファクチュア)方式を取り入れた典型例である「尾張木綿」の生産風景に、「豊田式木製人力織機」や「豊田式力織機」など愛知の現在に大きな影響を与えた近代製品も展示されており、日本における織物工業の歴史を知るには最適の施設となっている。

屋外展示では美術作品も展示されており、イサム・ノグチの彫刻「ニンゲンII」など名作も多い。

一宮市博物館
一宮市博物館

一宮市博物館
所在地:愛知県一宮市大和町妙興寺2390 
電話番号:0586-46-3215
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休)、休日の翌日(土曜日・日曜日または休日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月4日)
入館料:一般 200円、高・大学生 100円、小・中学生 50円 ※一宮市内の小・中学生は無料
http://www.icm-jp.com/



PAGE
TOP