深川神社

「深川神社」は、奈良時代の771(宝亀2)年に創建された瀬戸の産土神である。現在の本殿は、江戸時代の文化年間に諏訪の名工・立川和四郎によって建立されたもので、1999(平成11)年には瀬戸市有形文化財に指定されている。また室町時代の永享年間に作られたという梵鐘も、神仏習合の証となるものとして同じく瀬戸市有形文化財となっている。 また、瀬戸陶業の始祖といわれる加藤四郎左衛門景正が鎌倉時代に奉納した「 .....


PAGE
TOP