ベルフィオーレカフェ・ビアーレ

カフェ イメージ

氷川参道沿いの緑に寄り添うような開放的なテラス席が人気の「ベルフィオーレカフェ・ビアーレ」。2004(平成16)年のオープンより、気軽に立ち寄れるカジュアルな雰囲気にファンの多い地域を代表する名店だ。「大宮」駅東口より徒歩10分。演奏会や式典の開催などで賑わう「市民会館おおみや」の向かいに、大きな白いテントが印象的なお店を発見。イタリア国旗のトリコローレに呼応するかのような、赤いロゴマーク、白いテントそして参道沿いの緑がお洒落な空間を演出している。

ベルフィオーレカフェ・ビアーレ 店内

イタリアへの渡航をきっかけに同店をオープンさせた店主がモットーに掲げるのは、“一日に何度訪れても楽しめるくつろぎの空間”。その言葉の通り、赤を基調とした店内には、イタリアやフランスをはじめスペイン、アメリカにいたるまで多様な文化を織り交ぜた特徴的な絵画や雑貨、インテリアに彩られ、まるで店主の趣味部屋にいるかのような雑多な空間が居心地の良い雰囲気を醸し出している。

アッフォガード

提供しているメニューは、エスプレッソSサイズ一杯300円から、ケーキ、パン、ランチセットなど、あらゆるシーンで気軽に楽しめる充実したラインナップを揃えている。本場イタリアでもっとも愛されているシェアNo.1を誇る「LAVAZZA(ラパッツァ)」のコーヒーを提供しているのも同店ならではの特徴で、なかでもチョコレートをそのまま溶かし入れた「カフェモカ」(Mサイズ420円)はファンも多く、他店ではなかなか味わえないなめらかな口当たりと存在感のある甘みがクセになる一杯だ。季節により変わる各種ケーキや注文を受けてから調理するパンと組み合わせれば、より充実したカフェタイムを過ごせるだろう。 

ベルフィオーレカフェ・ビアーレ

またイタリアを代表するデザートのひとつ「アッフォガード」(500円)を求め訪れる人も多いようで、ぜひ一度そのラグジュアリー感あふれる魅力を楽しんでみたい。エスプレッソのほど良い苦みが心地良いフレーバーとなり、馴染みのバニラアイスが非日常を堪能させてくれる極上なスイーツにまで昇華されている。春を迎えれば参道沿いの緑を求め参拝がてら訪れる観光客も多く、一杯のコーヒーとともに多くの人で賑わう同店のテラス席はまるで大宮の風物詩のよう。

また高さ1mもある器具を用いた水出しの「ダッチコーヒー」は夏季限定で、避暑を求めて訪れた際の「アイスコーヒー」も格別だろう。

※本文中の内容・価格等は取材時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

ベルフィオーレカフェ・ビアーレ
所在地:埼玉県さいたま市大宮区浅間町2-4-1 
電話番号:048-649-1200
営業時間:8:30〜19:30
定休日:毎月第2水曜日





PAGE
TOP