山崎屋

創業期は不詳と言われ、江戸後期の弘化年間(1844~1848年)の「浦和宿絵図」でその存在が初めて史実に残るという、老舗のうなぎ店がこちらの「山崎屋」である。そのうなぎは、皇室の方々も召し上がったことがあるという。漁場から直結する街道沿いのお店という立地のよさもあり、ここから浦和のうなぎが発祥となったと言われているほど。その伝統は現在も受け継がれ、香ばしく焼き上げられたうなぎに上品な味わいのタレが .....




PAGE
TOP